ご安心下さい。

交通事故の怪我から元の生活を取り戻すために、私たちが全力でサポート致します。

もし、事故にあってしまったら。

❶まず「病院」を受診する場合…

1.病院を受診し、「診断書」を作成してもらいます。

2.保険会社の担当者に「しらゆり接骨院」で治療を受ける事をお伝えください。後日、保険会社から当院に連絡があります。

※病院によっては、接骨院で治療を受けることを許可しない先生がいらっしゃいます。「技術不足」の接骨院に通うと、後遺症を残すばかりでなく、悪化させてしまうこともある為です。「接骨院で治療を受けたい」または「接骨院と病院を併用したい」とお考えの方はご注意下さい。

 

❷まず「接骨院」を受診する場合…

1.接骨院を受診します。的確な治療をスムーズに開始するため、信頼のおける提携病院へ「紹介状」をお書きすることができます。

2.病院で「診断書」を作成してもらいます。

3.保険会社の担当者に「しらゆり接骨院」で治療を受ける事をお伝えください。後日、保険会社から当院に連絡があります。

※どちらの場合も、患者様の窓口負担は0円です。

 治療費は「自賠責保険」で賄われます。

 ■接骨院で事故の治療を受けるメリット■

❶病院と比べ、早期に痛みがとれます。

病院では接骨院にできない、「レントゲンを撮ること」「薬を処方すること」ができます。しかし、痛む箇所に触れ、痛みを積極的に取ることはしません。しらゆり接骨院では後遺症を残さず最短で痛みを取り除くため、国家資格を持った技術の高い施術者が、お一人お一人に合わせオーダーメイドの施術を行っております。(病院で撮ったレントゲンを持参できない場合も、触れば分かりますので安心してお越し下さい。)

❷待ち時間が殆どなく、受付時間も長いため、通院が簡単。

治療やリハビリは、早くに開始するほど効果が上がります。お仕事帰りに毎日受診することも可能です。事故の賠償についても、通院日数をもとに計算されます。通院日数が少ないということは怪我の程度が軽いと判断され、貰うことができる慰謝料の額も減ってしまいます。

❸事故の賠償や保険について等、病院では聞けないこともご相談下さい。

大抵の方が、事故に遭うのは初めてのことだと思います。事故後一番心配なのは、「どうすればしっかりと保証を受けられ、体が完全に元の状態へ戻るまできちんと通院することができるのか」だと思います。知識を持った相談相手がいらっしゃらない場合、どうぞ当院へご連絡下さい。089-989-9155

ページ下部に、交通事故に遭った際にやるべきことをまとめてあります。

印刷して車のダッシュボードに入れとくと安心かもしれません。

交通事故の症状

 

交通事故での症状は2〜3日して精神的に落ち着くにつれて、痛みや吐き気、めまい、しびれなど、むち打ち症の様々な自覚症状が出てくる場合が多く見られます。
放置すると痛みや機能障害、2次的障害(肩こりや腰痛)へと発展することもあります。 そうならないためにも、早期のきちんとした治療と、症状が完治するまで、きちんと治療される事をおすすめします。

 

「むちうち」について

頚椎の急激な過伸展、過屈曲によりおきる障害。

むちうちには以下のパターンがあります。

 

1.頚椎捻挫型

頸部の筋肉や関節などの損傷で局部の痛みの他、頭重感・頭痛・項部痛・上肢脱力感など不定愁訴が主体。むちうち損傷の殆ど(約80%)を占めます。

治療方法

アイシング

テーピング

マッサージ

牽引

キセノン治療器

カイロプラクティック など、症状に応じて施術を行います。

 2.根症状型

頸部より出る神経が圧迫され、頸部の動き、くしゃみなどにより上肢に至る神経症状悪化。徒手検査で鑑別します。

 3.頸部交感神経症候群(バレ・リーウー症状)型

頚椎損傷による頸部交感神経の緊張によって伴う症状で、他覚所見は殆どみられません。

後頭部痛・めまい・耳鳴り・視力障害・顔面の感覚異常・夜間上肢シビレ感など。

4.混合型(3と4との混合)

5.脊髄症状型

脊髄に損傷が及んだもので最も重症。四肢の麻痺・呼吸麻痺など

その他低髄液圧症候群も近年後遺症として起こりうると提唱されています。