- 治療機器の説明および効果 -

 

以下の機器を症状にあわせ、効果的に使い分けます。

キセノン光線治療器

近赤外線を利用して各種の痛みや腫脹を改善します。

●適応●

痛みや褥創、腫脹の軽減・冷え性、不眠の改善・慢性関節、リウマチ・変形性膝関節症・帯状疱疹などによる上肢、下肢への放散痛

低周波治療器

「刺さない鍼治療」と呼ばれ、痛みに対し治療を施します。

●適応●

首・肩・腰などの痛みの緩和及び血流の促進。

干渉波付キセノン光線治療器

体の深いところまで届く光(キセノン光線)を照射することで細胞を活性化。筋肉や自律神経を整えます。他の電気治療器が使えない、体内金属やペースメーカーの方も安全に使用できます。ビリビリと電気のくる感じはなく、じわっと温かくなります。

●適応●

慢性的な痛み(椎間関節症、ヘルニア、腰部すべり症 など)、外傷(骨折・捻挫など)、スポーツ障害、自律神経症状(花粉症や帯状疱疹など)、筋肉の緊張緩和

コックステーブル

カイロプラクティックで使うフリクションベッド。

●適応●

椎間関節に問題がある症状(椎間関節症・ヘルニア・腰部すべり症など)・腰部の筋緊張緩和及びストレッチ効果

超音波治療器

音波振動を連続的に身体に当て熱を発生させ、その温熱効果で治療を行うものです。

●適応●

疼痛・筋肉の硬結・腱鞘炎・靭帯損傷・浮腫・血流の改善

 

マイクロ波治療器

マイクロ波を患部に照射すると、内部に吸収された電磁波エネルギーが熱に変換されて患部の内部まで温めます。

●適応●

捻挫・坐骨神経痛・リウマチ・筋肉痛・神経痛・肩関節周囲炎・腱鞘炎など

自動間欠牽引装置

牽引療法とは、文字通り「引っ張って疾患を治す」治療法。

●適応●

首及び腰やお尻付近の筋肉の緊張感・痺れ等の下肢症状(椎間板ヘルニア等)

ローラーベッド

ベッドの内部に組み込まれたローラーでマッサージを行います。

●適応●

神経痛・筋肉痛・肩こり・腰痛・疲労回復・血行促進

 

スマホの方はタップでコール